1000895_296424340495121_1977933914_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在29位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

コピーライティングを書く注意として

顧客に内容が響かないといけません!!

 

そこで今回は、やみくもに書かないための

コピーライティングの作業過程を

 

4つのステップに分けて

考えてみたいと思います!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~3月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

 

20151017050021

(1)企業と見込み客(ターゲット)の

価値をそれぞれ書き出してみましょう

 

そうしたら、企業と見込み客で

関連する価値を線で結んでいきます。

 

う~~ん、例えば、

基礎化粧品の販売予定があり、

 

ターゲットの年齢が

30代から50代の女性だとします。

 

「企業価値」である商品の特性が、

「希少エキス配合」

「純度90%以上の濃密配合」

 

だとすると、「顧客価値」は、

「肌のハリ」「アンチエイジング効果」

となるかもしれません。

 

この場合、双方の価値が関連し、

線で結ばれることになります!!

 

このようにすることで、

企業価値のままでは

 

ターゲットの心に響かない内容が、

顧客の目線で捉え直したときに、

 

どのような言葉で表現すれば

伝わりやすいかを明確に

 

イメージすることが

できるようになります。

 

(2)次に、(1)で作成した顧客価値の

項目の中で、重要な部分をチェックします

 

コピーライティングですので、

言葉の要素として、

 

どのワードをチョイスするのが良いか

だいたいの目星をつけておくのです。

 

キーワードの選定が

難しいと感じるのであれば、

 

ターゲット属性に近い知人に

取材してみることをおすすめします。

 

(3)(2)でピックアップしたポイントを

取りこぼさないように注意しながら、

分量は気にせずに、書いてみましょう

 

顧客価値の項目が多い場合は、コピー案を

複数用意するようにしてください!!

 

コピーを作るとき、

ひとつのコピーの中に価値を

 

たくさん訴求してしまいたくなりますが

あまり詰め込みすぎると、

 

何が言いたいのか、

受け手に伝わらなくなります!!

 

伝えるべき価値は絞りましょう!!

30文字程度のコピーの場合、

 

価値の項目は

多くても3つが限界でしょう!!

 

(4)

原案ができたら、

次のチェックポイントにしたがって

 

校正し、短文にまとめていきます。

① 魅力的な顧客価値が感じられるか。

② 一瞬で理解できるか。

 

③ 独自の強みを押し出せているか。

④ 信頼を失う要素はないか。

 

以上のことを意識して

ぜひコピーライティング

力を入れて作成してみてください!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~段階を踏んで作成する~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>