1779953_595408067263412_7459004905030777751_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在31位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

コピーライティングで

 

一番最初に必要な事とは

なんでしょうか??

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~3月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

11242335_704244566379761_7052784002602615592_n

何を伝えたいのか情報を整理する!!

 

今回は、コピーライティングにおいて、

一番重要な部分を解説していきます!!

 

コピーライティングに

チャレンジしようと、

 

あまり張り切って、

いきなり書き始めようとすると、

 

伝えたい内容が

ブレてしまったり、

 

その結果、途中で何を

伝えたいのかが不明瞭になったりします

 

う~~ん。このようなことは、

コピーライター養成講座などで

よく見られますね。

 

いきなり書き始めるのではなく、

伝えたいポイントを

 

明確にするためにも、

情報の整理から始めましょう!!

 

一番最初に把握しておかなければ

いけないことは何でしょうか??

 

それは、商品やサービスのターゲット、

そしてそのターゲットのニーズになります

 

例を挙げると、

英会話教室のコピーだとして、

 

ターゲットを考えずに

自社のメリットだけを

述べた文章を作ってしまうと、

 

下のような、どこにでもありそうな

コピーになってしまいます。

 

 

月々20,000円より。

駅から徒歩3分。

 

本格的に英語が学びたい人は

コチラからどうぞ。

 

夜遅くまでレッスンできます。

忙しい人でも安心。初心者歓迎。

 

ターゲットを絞り込むだけで、

コピーライティングはがらりと変わります

 

顧客として迎えたいターゲットを

具体的にイメージすると、

 

伝えたいメッセージが

明確になります!!

 

そうすると、この人に

どういう言葉を発すれば

魅力的に感じてもらえるだろうか

 

というポイントを

工夫することができます!!

 

結果として、

対象となるターゲットに

 

インパクトを与えるコピーを

作ることができるのです!!

 

このようなターゲットの絞り込みの

ことを「ペルソナ設定」といいます

 

コピーを考える事前準備として、

下の2つを整理しましょう。

 

(1)ターゲット像

年齢、性別、家族構成、年収、悩み、

ニーズなどをできるだけ具体的かつ詳細に

 

(2)提供する価値

ターゲットの悩みやニーズに対し、

提供できる価値(価格、対応、安心感など)

は何なのか。

 

このように整理をするだけで、

あなたが作るコピーが持つ

 

メッセージはグッと説得力を

持つようになるのです!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~ペルソナ設定をする~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>