11218498_695100163935702_3177078739829828818_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在28位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

皆さん、コピーライティングを

勉強する目的は何でしょうか??

 

いろいろあるかと思いますが、

目的のひとつは、

 

自分の文章を、赤の他人に

読ませて行動させることです!!

 

実は、このとき、

絶対に考えなければいけない

大事なことがあります!!

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~4月30日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

934856_546478762156343_7919042265564173129_n

それは、情熱のない文章は、

相手に伝わらないということです!!

 

こんなことを言うと

怒られてしまうかもしれませんが、

 

コピーライティングの教本は

ほとんど意味がありません!!

 

う~~~~ん、それらの本に

書かれている小手先のテクニックで

 

自分の文章が赤の他人に

読まれるようになるほど、

世の中は甘くないのです!!

 

コピーライティングでは、

心理学が必要なのは確かですが、

 

しかし、それ以上に大切なのが、

情熱なのです!!

 

情熱をもって書かれた文章は、

必ず伝わります!!

 

自分の専門に関係することであれば、

情熱をもって書けます!!

 

しかし、興味もないのに、

「儲かりそうだから」という理由で

 

株やFXのサイトを始めたとしても、

本気になれないのですから、

 

文章は薄っぺらいものに

なってしまいますよね。

 

え~~っと、なので、情熱の持てる分野で

勝負する必要があります。

 

そうでなければ、

読み手に気持ちが伝わらないのです。

 

コピーライティングでは、

心理学の知識が重要になってきます

 

しかし、

それ以上に重要なのが情熱です!!

 

・なぜその分野でビジネスを始め、

コピーライティングをするのか

 

・あなたは読者に何を伝えたいのか

 

・赤の他人に対して、

どのような価値を提供できるのか

 

・お金以外の目標には何があるのか

 

このようなことを真剣に

考えてほしいと思います。

 

これらの問いに答えられる人ならば、

コピーライターとしては問題ありません。

どれだけ本気なのか、ですから。

 

このポイントを理解すれば、

コピーライティングについて書かれた本が

意味のないものであると思えてきます。

 

「人を引きつける魔法の言葉」

「一瞬で釘付けにする7つのステップ」

などは全て無視して大丈夫です。

 

最低限の読みやすい文章を

書ける力は必要ですが、

 

何度も言っているように、

情熱と本気度が重要のです!!

 

○○○☆今日の一言★○○○

~本気に勝るもの無し~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>