20160111053022
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在12位 / 264人中)

皆さん井戸実(いどみのる)さんを

ご存じでしょうか?

 

2012年のピーク時には売上高225億、

年収は「一般サラリーマンの生涯賃金ほど」

と言っていました。

 

毎月の飲み代が400~500万円という

億万長者の井戸さんについてお話致します。

28歳の若さで

株式会社エムグラントフードサービスを創業

 

現在38歳になる井戸さんですが、

「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」

「ステーキ&ハンバーグ いわたき」などのお店を

 

全国展開する一大外食企業へと

成長させています。

 

1千万円以上を借金し、

サラリーマンをしながら店舗オーナーになる

 

当時の井戸さんの貯金はわずか150万円。

 

しかし、売りに出されていた店舗は、

買い取り費用が1200万円です。

 

でもこのチャンスを逃すまいと、

井戸さんは親族に頭を下げて借金し、

念願のお店を手に入れたそうです。

 

成功の要因となった井戸流経営手法

「ロードサイドのハイエナ」


51379

「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」は、

郊外ロードサイドの居抜き物件をそのままを使います。

 

そのまま引き継ぐことで、

撤退する店舗は撤退費用を、

 

井戸さんら新規店舗は設備費用などを

大幅にコストカットできる訳です。

 

まさに双方に利が生まれるシステムですね。

 

「都内ではなく郊外」

「新規ではなく居抜きで出店」という

経営手法を築いた井戸さんは、

 

業界では「ロードサイドのハイエナ」

と呼ばれています。

 

「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」の

売りはステーキではない!?

 

ステーキではなく1000円程度のメインメニューを

注文するとサラダやカレーが

食べ放題になるというお得感が売りなんです。

 

ステーキ屋はステーキ、ハンバーグ屋はハンバーグなど、

メインメニューで勝負するのではなく、

 

サイドメニューを抱き合わせて

販売することに商売のコツがあるとのこと。

 

とは言ってもピーク時に230店舗あった店舗数も、

2014年には140店舗に減らす経験もしているのですが。

 

現在、有吉ジャポンでは、

下流社会から脱出という企画があります。

 

井戸さんが年収200万円にも満たない人に

現金3000万円を投資し、

オーナーになってもらうものです。

 

マインドセット的にとても良い企画ですね。

面白いのでぜひ観てみてください。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~夢を叶えるために

がむしゃらに勉強~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

http://ow.ly/3yhlgP

【実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円32人以上も成功者を出した、

生天目式ハイパーメールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>