11名刺3 (1)
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在20位 / 249人中)

寺さんのおすすめする、ワイン、

お酒は最高です。

渋谷 bar 寺で検索してください。

 

そこで、稼ぐメンバー同士の密会をしました。

 

今日のお話しは誰もが知っている、

あの人気ゲームのお話しです。

 

ぷよぷよ 元社長から教わる、

経営とは!?を改めて勉強しました

 

今日は、元経営者である方のお話です。

ぷよぷよって知っていますよね??

 

皆さんもご存じ大人気ゲームの

「ぷよぷよ」から学びます。

 

開発者であり・発売元コンパイル創業社長

仁井谷正充の現在とは!?

 

13007270_808581092612774_780808478283910432_n

実際、「ぷよぷよ」は、1990年代に

爆発的なヒットを記録しています

 

わたしも当時やっていました。

 

その時のコンパイルはなんと

年商70億円の企業まで成長しています。

 

最盛期の仁井谷さんの年収は

1億円超えです!!

 

ですが、『ぷよぷよ』に次ぐ

ヒット作が出せなかったことや、

 

96~97年にかけて

新入社員を大量に採用などしました。

 

他にも新社屋に移転し、

本社を拡大したり、韓国にも関連企業

コンパイルコリアを設立するなどしました。

 

会社の規模を物凄い勢いで

拡大していった結果が、98年の

経営破たんという事です。

 

原因は経営の多角化の失敗のようです。

先述した無理な事業拡大の失敗ですね。

 

「ぷよぷよ」の権利はセガに売却されました。

 

個人名義で借金をしていた仁井谷さんは

自己破産という選択しか残っていませんでした。

 

その借金の総額が約75億円!

年商70億円だったのが負債75億円です!!

 

いやぁ~~~、人生は分からないものです。

 

日本のゲーム業界では

史上最大級の経営破綻です。

 

年商70億円社長の、現在の

驚くべき生活とは!?

 

いま現在は千葉県某所にある

家賃5万円の2DKで暮らし、

アルバイトをして暮らしているそうです。

 

なんとバイトをしながら「ぷよぷよ」の

次と言えるような自作の

 

“落ちものゲー”の開発に

取り組んでいるようです。

 

当時のブームを覚えていますが、

現在の状況を知って、いろいろ考と

えさせられました。

 

中小企業の事業継続でやってはいけない事を

続けてしまったように思います。

 

仁井谷さんのような

「急成長→急拡大→破綻」の流れは、

多くの中小企業にも見られるケースだと

思っています。

 

中小企業のしっぱいの共通点とは!?

これを知れば破綻はしない!?

 

価値観の違いはあると思いますが、

下記に示しますね。

 

・売上が上がると、すぐに店舗を増やす。

多角化や事業拡大し、新規採用を増やす。

 

・新規採用者が多い割に、即戦力を求めて、

教育を疎かにする(わたしの当時のT社など)。

 

これを繰り返し行った結果、

すぐ退職者が出て従業員が定着しないです。

 

 

結局、売上減少、人件費だけ

無駄に増えて赤字になる

 

統計によると、内部要素による放漫経営倒産は、

好景気時に増加、不景気時には減少する

傾向があるようです。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~ぷよぷよを久しぶりにやりたくなりました笑~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>