10392306_372438099597233_2266370387415936615_n
☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在10位 / 249人中)

何かをきっかけに

自分の仕事について深く

見つめなおす時期があると思います!!

 

「この仕事に向いていないのかも?」

「自分の立ち位置って何だろう?」

 

どう見つめ直せばいいのか?

についてお話します!!

 

今やっている仕事への疑問

 

接客はもちろんですし、

その接客に至るまでの仕事、作業、

その他諸々本当に

いろいろ種類があると思います。

 

では、そういった仕事を

なぜやっているのかを

考えたことはありますか?

 

何にでも

「なぜこの仕事をやるのだろう」

という疑問を持って、

従業員同士だけでも

理解をしておきましょう!!

 

このことが後の結果を

大きく左右することになります!!

 

「とにかくお客さんを

店内に引き込まなければ」、

 

「訪問したお客さんは1円でも

お金を落としてもらわなければ」

 

という個々の目先の利益や

目標だけを考えていると、

 

今後取り込めたはずの顧客すら

手放してしまう結果になります!!

 

今の仕事に不満を抱いている人も

「なぜ?」を深掘りしていくと

不満の原因が明らかになるかもしれません!!

 

『私は○○だから』を取り払いましょう!!


20150829023618

できないことの言い訳として

最も上がりやすい言葉、

「私は○○だからできません。」

 

う~ん、これって言い訳をするには

言いやすいですよね!!

 

何か新しい仕事をやってみてと振られて、

「未経験だからできません」

というのは簡単に言えます。

 

 

ですが、その発言には

何の意味もありません。

先に進まないからです!!

 

言い訳をして逃げようとする人に

声をかけてくれるやさしい人なんて

そんなに多くはありません。

 

 

周りに人が集まらないという人は

自分のどこかに必ず理由があるはずです。

 

「私は○○だから」という言葉を

出す前に少しでもポジティブな

言葉を出してみてください。

 

出来ない理由を探すのではなく、

できるようにする方法を考えて

仕事を引き受けてみましょう。

 

頭をフル回転させてみて、

わからないことは周りに

思い切って聞いてみることで、

 

自分のやる気をアピールする

チャンスにもなります!!

 

分岐点を作るとへっちゃら精神

 

・上司から叱られた

・とんでもない失敗をした

 

・お客様からクレームを受けた

・会社が倒産した

 

仕事をしているといろんな場面で

落ち込むような状況に遭遇します!!

 

この場面でその後に

成功する人としない人は

ハッキリ精神構造がわかれます!!

 

ただ落ち込んでしまう人と、

落ち込むけどすぐに次に

何をするか考えて動き出す人。

 

この2種類です!!

 

デキる人は必ずすぐに

次の行動を模索します!!

 

今の仕事について悩んでいる人の中には、

最近大きな失敗をしたことが

原因の人もいると思います!!

 

失敗した後に取る行動は

その人の後の仕事にも

大きく影響するのです!!

 

失敗したことに落ち込んで

思い悩み反省することも

もちろん大切ですが、

そればかりしていては前進しません。

 

起きてしまったことを反省して、

次にどうすれば良いか考え

行動に移すことこそが

後の成功のための唯一の方法です!!

 

落ち込みやすい人は、

最初は無理にでも

「へっちゃらへっちゃら!」と

つぶやいてみましょう!!

 

○○○☆今日の動画★○○○

本当の本当に儲かる方法、

極秘で生天目式に教えます!


動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]

 

○○○☆今日の一言★○○○

~失敗から成功への道のり~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン】

★大好評発信中!^^★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>