10947158_595408193930066_3589047621804559309_n

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在26位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

自分は誰のために

働いているんだろう…

 

などと考え込んでしまった経験、

ありませんか??

 

誰もが一度はそう悩むことが

あると思います

 

今回は、そんな中で、

「一番ダメな悩み方」について

書いていきます。

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~6月30日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

12801390_784783724992511_2130167065670029346_n

あなたは誰の為に働いてますか??

 

会社で働いている方々の相談を

聞いてると時々こんなことを耳にします。

 

「会社のために働いているのか?

自分のために働いているのか?

それがわからなくなるときがある」

 

結論をいうと、そんなことは

別にどちらでもいいと思います。

 

え~~~~~!?

どっちでもいいのかよ!!

 

そう思った方も

いるかもしれませんね。

 

しかし、会社のためであろうが、

自分のためであろうが、

 

家族のためであろうが、

どれだっていいんです。

 

どのような仕事にしても、お客様が

いなければ成り立たないのです!!

 

会社のために働いていることが、

お客様に喜ばれ、

 

それが自分や家族のためになるなら

それでいいし、

 

自分や家族のために

働くことでお客様から支持され、

 

それが会社にとっても

有益ならそれでいいし・・・

 

つまり、結果的に同じなので、

そういう考え方をしておけば、

 

自分の仕事に対する

動機付けは部ブレれないですみます!!

 

一番よくないのは、

グチグチと悩んでしまうこと

 

「ほんとにこのまま

この会社にいて自分は

成長できるのだろうか?」とか、

 

「会社のために

頑張っているのに評価されない」など。

 

そうなると、仕事に対する

信念がブレていきます!!

 

発想や思考も鈍くなったり、

行動力や決断力も低下してしまいます。

 

その結果、自己嫌悪になったり、

会社への反感を持ってしまう、

なんてことになるのです。

 

プラスになるなら

誰のためでもいいのです!!

 

「私は自分のために仕事をする。

それで、会社にもお客様にも貢献できる」

 

と思う人は、

自分のために仕事をすればいいのです。

 

「私は家族のために働く、そのことが

自分の意欲を掻き立て

 

それが会社の利益になり、

お客様にも喜んでもらえる」

 

と思う人は、

家族のために仕事をすればいいのです。

 

なので、自分はどのタイプなのか??

この機会に一度考えてみてください。

 

そして、その答え(動機)を

ブラさずに仕事をしていきましょう。

 

○○○☆今日の一言★○○○

~結果から考えましょう~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>