s__39100430

☆応援クリックを1日1回宜しくお願い致します。
(現在27位 / 249人中)

こんにちは。生天目佳高です。

 

お洒落な外装、雰囲気の良い店内。

方向性の違いはあれど、

 

どんな店舗も独自の「世界観」作りに

余念はないものです。

 

しかし、ちょっとした「ほころび」で、

せっかく築いたその世界観が

壊れてしまうとしたら…。

 

ということで、今回は

世界観のつくり方についてみていきます。

 

◎◎◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~

詳細は文章の端末で

ご紹介致しますね<(_ _)>

その前に超注目必須情報をご紹介!!

~◎◎〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇◎◎◎◎

月給が20万円しか得られなかった男が、

1日数分の作業で何百万もの月収をゲット!

 

仕事ができず、上司にいじめられ、

自主退社に追い込まれたダメサラリーマンが、

全国からセミナー依頼が来る「先生」に!

 

極度の緊張体質で、

恋愛なんて夢のまた夢だった男が、

グラビアアイドルや社長令嬢とデート三昧!

 

これは実際に、

著者自身の身に起きたことです!

 

その人生逆転の秘密が、

伝説の極秘アフィリエイトがついに解禁!!

 

アフィリエイトランキング全日本1位を

5回も獲得した男が、そのノウハウを1冊本に凝縮!

http://amzn.to/2dEOuK0

期間:~7月31日 23時59分完全締切

~〇〇〇〇〇〇 編集後記です! 〇〇〇〇〇〇〇〇~~

S__28327939

お店には、そのお店ならではの

世界観が存在しています

 

いわゆる「ブランディング」ですね。

お店特有の雰囲気のようなものがあります

 

アットホームなお店。

スタイリッシュなお店。

高級感のあるお店。

下町風情を感じるお店。

 

お店(ブランド)の数だけ、

世界観は存在しています。

 

そのお店の外装を見ると、

何となくその世界観がわかります

 

例えば、私がよく行くお店の外装は、

木目調の外装で、

 

温かさを感じさせる

とてもわかりやすい外装です。

 

しかし、世界観を決めるのは、

外装だけではありません。

 

お客様は、もっと小さなところからも

世界観を感じ取るのです

 

先日、あるメガネ屋さんで

買い物をしました。

 

外装から楽しそうな雰囲気のお店で、

すごく親しみを感じるお店です。

 

普通は、レンズのカタログの

ようなものを見せたり、

 

パンフレットなんかを

使って説明します。

 

それが当たり前だと私も

思っていました。

 

しかし、そのメガネ屋さんは、

全然違いました!!

 

なんと!!

手書きの絵本仕立てだったんです!!

 

写真があるわけでもなく、

詳細な数値が載っている

わけでもありません。

 

ですが、色鉛筆で書かれた

その説明書きは

 

とても親しみを感じて、

思わず目を奪われて

説明に聞き入ってしまいました。

 

聞くと、お店の雰囲気に合わせて、

スタッフのみんなで

 

手書きしているのだとか。

これこそが、「世界観の演出」です!!

 

誰もが当たり前に思っている部分でも

世界観を演出できるのです

 

例えばですが、ものすごく

高級感のあるお店があります。

 

店内にはシャンデリアがあり、

スタッフも全員スーツです!!

 

そんなお店で、クレジットカードの

サインをするときに、

 

100円均一のボールペンを

渡されたらどう感じるでしょうか??

 

え~~~!?

たったそれだけのこと!?

 

と思うかもしれませんが、

それでも、世界観はぶち壊しです。

 

世界観を作り上げるのは、スタッフ、店の小物など

全ての要因でできていきます

 

あなたのお店はどんな世界観ですか?

その世界観をぶち壊しにしてしまう

ものはありませんか??

 

逆に何があれば、

より世界観を演出できるでしょうか??

 

○○○☆今日の一言★○○○

~世界観を創る~

○○○☆★○○○★○○○

 

生天目 佳高

 

http://d395.xyz/?u=8

実績圧倒!月収100万円以上を約14人輩出

月収50万円30人以上も成功者を出した、

生天目式コーチング・極秘ノウハウ盛り沢山

ハイパー公式メールマガジン

★大好評発信中!^^★

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>