☆応援クリックを宜しくお願い致します。

日本テレビの大型チャリティ番組「24時間テレビ・愛は地球を救う」の

ギャラについて、検証していきます。

実際のところはギャラが発生しているという事実は隠せませんよね。

昨年の夏の金額で言えば、チャリティランナーには1000万円、

総合司会者にも500万円支払われてるという話です。

えぇ~~~!?そんなに!?と思います。

正直にいって、キャスティングされている

大物芸能人のギャラと考えるならば、

24時間でこの金額はかなり安いです。

ですが問題は、この番組がチャリティー番組というところです。

人を雇わなければいけないのだから、

なにも人件費0円でないとおかしいという風までには思いません。

人件費を0にしたいからと社内スタッフでボランティアを

募ってもしょうがありませんし、

タダでテレビの司会をしれくれませんかと

お願いしてOKをだしてくれる人も稀ですよね笑。

そもそもそんな事をしたら、

視聴者の目をひくような番組制作は

出来なくなってしまうでしょう。

その意味で、総合司会者が500万円程度でおさえられてるというのは、

そこまで問題ではないかもしれません。

さんまさんでも1本700万円程度のギャラですからね。

問題だと思うのはも一方、チャリティーランナーですね。

「チャリティーのために走ってくれないか」と

お願いするのだからココだけはノーギャラじゃないと

不自然ではないでしょうか。

う~~~ん、それでもお金を貰うんですね。

なんか、複雑な気分です。

確かに走るのは大変だとおもいますし重労働ですが、

それに見合う報酬として1000万円という大金は払われるのは謎です。

こういうものは、テレビ局がお金をチラつかせてオファーするのではなく、

せめてオーディションにすればいいのにと思います。

少なくとも大々的に「無料で走る大物芸能人」

ともなれば好感度はあがるでしょうから、

損は無いと思うのですが。

アイドル、歌舞伎、スポーツ選手、誰でも、

選抜オーディション制にするのは、如何でしょうか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>